妊婦に必要な葉酸はどんな食品や食材を食べれば摂取できるの?

妊娠宙の摂取が必要とされる葉酸、妊娠前には、あまりなじみがないので知らない方も多いようです。ですから当然どんな食品に含まれているかもわからないですよね。そこでこちらでは葉酸が手軽に摂れる食品を紹介します。
MENU

葉酸は胎児の正常な発育のために欠かすことの出来ない栄養素です。
母体の健康や妊娠しやすい体作りのためにも必要となるため、妊活中から積極的に摂るようにし、妊娠期間もかかさず摂りましょう。

 

葉酸 食材も必要ですが野菜をあまり食べなかったり外食が多いという人の場合は葉酸の多い食品をあまり摂取できていないので、
1日480マイクログラムという厚生労働省から推奨される量に満たない場合もあります。

 

 

食事だけでは難しい場合は葉酸サプリの併用が推奨されます。
葉酸だけでなくその他の栄養素もバランスよく配合されたサプリメントを利用することで、必要な栄養素が全て摂れるでしょう。

 

 

葉酸の多い食材としてはたたみいわしや焼きのり・納豆やモロヘイヤなどがあります。

 

たたみいわしはおやつ代わりに食べてもいいでしょう。
カルシウムなどの補給にも役立ちます。高たんぱく低脂肪で低糖質なのでたくさん食べても太りづらいです。

 

焼きのりも葉酸がたくさん含まれています。味付けのりでも十分多く含まれているので食事の際のプラス一品で積極的に取り入れるようにしましょう。
納豆もおすすめです。どちらも火を使うことなく献立を一品増やせるので忙しいときでも取り入れやすいです。

 

 

モロヘイヤを含め、野菜は葉酸がたくさん含まれています。
つわりの時期だと食欲がなくなる人も多いですが、モロヘイヤスープなどの形にすると取り入れやすいでしょう。
ほうれん草や枝豆・ブロッコリー・かぼちゃなども葉酸が多いお野菜です。

 

とにかくつわりが激しく食材を摂取するのが難しいという場合にはイチゴやみかん・バナナなどの果物にも含まれています。
固形物を受け付けないという場合には果物を野菜をジュースやスープにして飲めばよいでしょう。

 

 

サプリメントもいいですが、普段の食生活も野菜中心の和食にした方が身体のためにもおすすめです。
葉酸だけでなくさまざまな栄養素が自然な形で摂取できます。

 

 

ただ、葉酸の特徴として水に溶けやすく熱に弱いというのがあるので、調理して摂取する場合には洗いすぎたり熱を加えすぎたりするのはやめましょう。
せっかくの葉酸が失われてしまいます。

 

食事だけで葉酸が取れるにはかなり気を配って献立作りをする必要があります。

 

普段はサプリメントを利用しないという人も、この期間は食事だけでなく葉酸サプリを併用する方が
手軽にきちんと必要栄養素を体内に入れることができおすすめです。厚生労働省も併用を推奨しています。

 

葉酸 1日の摂取量

 

 

葉酸Q&A、教えて妊娠中は1日どのくらい摂取すればいいの?

このページの先頭へ